ウォーターサーバー比較>ウォーターサーバーのお水

ウォーターサーバーのお水

ウォーターサーバーは当然お水を飲むための道具ですが、実際に使われているお水はどのようなものなのでしょうか?各ウォーターサーバーのサービスではスーパーなどで売られているような「ミネラルウォーター」を使ったものや、RO膜と呼ばれる技術を使った「ろ過水(RO水)」を使ったものがあります。
ここでは、ウォーターサーバーサービスで提供される「水」について詳しく見ていきます。

ウォーターサーバーで使われる水の種類と特徴

ウォーターサーバーで一般的に使われるお水の種類は大きく「ミネラルウォーター・天然水」と「逆浸透膜(RO膜)を使ったろ過水」のどちらかです。
これらを、左の写真にあるようにガロンボトルなどに封入してご自宅やオフィスなどに配送する形となっています。

 

ミネラルウォーター・天然水

一般にスーパーで売られているのとほとんど同じです。○○山でとれた水のように、水道水ではない水をパックしたものです。もちろん、天然水といっても湧水をそのままボトリングするのではなく、加熱・沈殿・ろ過などは行っていますが、可能な限りシンプルな方法でおこなわれます。
天然水・ミネラルウォーターは自然の水に含まれているミネラル分が独特の味をだしています。
含まれるミネラルの量によって「硬水」や「軟水」などに分類されます。
>>ミネラルウォーターとは

RO水

ウォーターサーバーで多いのがこのRO水と呼ばれるものです。RO水とはRO膜(逆浸透膜)と呼ばれる技術を使って作られた水のことを指します。RO膜というのは、非常に微細(0.0001ミクロン)もの穴を通じて水に含まれる不純物や細菌などを通しません。
そのため、RO膜を通じてろ過された水は限りない純水になります。
このRO水は非常にきれいで安全な水になるのです。
しかしながら、純粋なH2O(水)は口当たりがよろしくないので、多くの会社では、このRO水にミネラルなどを加えて飲みやすくしたものが多いです。
>>RO水とは

海洋深層水

海洋深層水とは、深度200メートルよりも深い深海部分にある表層部分の海水とは異なる性質を持つ海水です。清潔・ミネラルが豊富・水質の安定という三つの特長を持った水として、近年では飲用水としても幅広く利用が進んでいます。一部のウォーターサーバーサービスではこの海洋深層水をボトリングしたものもあります。
>>海洋深層水とは

アルカリイオン水

アルカリイオン水とは、アルカリ性を示す水で電解水の一種です。ちなみに、アルカリイオン水といいますが学術的な定義ではありません。アルカリイオン整水器をつかって人工的に生成したり、中には天然水でもアルカリイオン水の性質を持つ水もあります。
>>アルカリイオン水とは

当サイトの人気のウォーターサーバー

コスモウォーター

4種類の天然水から自分の好みの水を選ぶことができます。ボトル自体は使いきりタイプなので衛生的です。また、ウォーターサーバー自体のレンタル料金も永久無料とコスト面でも高いメリットのあるウォーターサーバーです。
また、新規申込の方には12リットルのボトル2本が無料でプレゼントされます。

>>コスモウォーターの詳細・評判