RO水とは

ウォーターサーバーで多いのがこのRO水と呼ばれるものです。RO水とはRO膜(逆浸透膜)と呼ばれる技術を使って作られた水のことを指します。RO膜というのは、非常に微細(0.0001ミクロン)もの穴を通じて水に含まれる不純物や細菌などを通しません。
そのため、RO膜を通じてろ過された水は限りない純水になります。
このRO水は非常にきれいで安全な水になるのです。
しかしながら、純粋なH2O(水)は口当たりがよろしくないので、多くの会社では、このRO水にミネラルなどを加えて飲みやすくしたものが多いです。

RO水

RO水は、逆浸透膜と呼ばれる膜を使い、不純物などを濾過した水です。純度の高さから「純水」とも呼ばれます。

一般の水道水には非常に多くの成分が溶けていますが、これを逆浸透膜という膜を使う事で水分子以外の分子を取り除く事で、ほぼ純粋なH2Oを作ることができます。

ただし、RO水はほぼ純粋な水に近になり、身体によいミネラル分なども取り除かれるため、ウォーターサーバー会社では、味を調えるためにミネラル分をRO水に添加していることが多いです。

当サイトの人気のウォーターサーバー

コスモウォーター

4種類の天然水から自分の好みの水を選ぶことができます。ボトル自体は使いきりタイプなので衛生的です。また、ウォーターサーバー自体のレンタル料金も永久無料とコスト面でも高いメリットのあるウォーターサーバーです。
また、新規申込の方には12リットルのボトル2本が無料でプレゼントされます。

>>コスモウォーターの詳細・評判