ウォーターサーバー比較>水道水に含まれる有害物質?

水道水に含まれる有害物質?

水道水をそのまま飲むのは健康に悪いなどと喧伝されることがありますが、本当にそうなのでしょうか?確かに水道水には様々な物質が溶けています。ここでは、水道水に含まれている物質とその有害性についてそれぞれ分析していきます。

水道水に含まれている不純物とは?

まず、日本国内では飲用を目的とする水道水については「水道法」という法律に基づいて、51項目の水質基準を満たす必要があります。
そのため、基本的に水道水は安心な飲料であるといえます。なぜなら厳しい水質検査をクリアしているからです。
むしろ、ミネラルウォーターの方が基準自体は緩いです。では、なぜ水道水は飲みたくない、安心でないと思う方が多いのでしょうか?

 

水道水と塩素

水道水の消毒に用いられる「塩素」です。塩素はミネラルの一種で消毒する力があります。そのため、多くの水道において消毒目的で塩素が大量に利用されています。塩素自体はたくさん摂取したとしても身体に害はありません。ただし、塩素による皮膚の乾燥・ビタミンの破壊・カルキ臭による味の低下が問題視されています。
>>水道水と塩素

 

水道水の消毒過程で生じるトリハロメタン

トリハロメタンとは、浄水場において塩素による消毒の際に発生するといわれる化学物質です。発がん性や催奇性の高い成分として近年注目を集めています。水道水の害という場合にはこのトリハロメタンがクローズアップされています。また、塩素除去を目的に行われる水道水の沸騰で、なんとトリハロメタンが増加してしまうという点からも大きく注目されている有害物質です。
>>水道水とトリハロメタン

 

水道水と鉛

トリハロメタンと並んで問題視されている項目が鉛です。昔は安価な鉛が水道管として利用されてきました。しかし、鉛が水の中に溶け出してしまうという問題から現在は使用が禁止されています。
しかしながら、水道管レベルでは鉛不使用になっていても家庭における水道管などではいまだに鉛管が使われているケースも多いです。
>>水道水と鉛

 

当サイトの人気のウォーターサーバー

コスモウォーター

4種類の天然水から自分の好みの水を選ぶことができます。ボトル自体は使いきりタイプなので衛生的です。また、ウォーターサーバー自体のレンタル料金も永久無料とコスト面でも高いメリットのあるウォーターサーバーです。
また、新規申込の方には12リットルのボトル2本が無料でプレゼントされます。

>>コスモウォーターの詳細・評判