ウォーターサーバーサービスと費用

ウォーターサーバーを比較する場合には水1リットル当たりの価格や諸費用を考えるのが最も適当です。ただし、ウォーターサーバーを利用する場合にはサーバー代が有料の場合と無料の場合もありますので、それぞれの複合的に考える必要があります。その場合は1ヶ月にどれだけの水を消費するのか?といったことまで考える必要があります。

ウォーターサーバ利用にかかる費用とは?

ウォーターサーバーの維持・利用にあたって必要となる費用は以下のようなものが代表的です。
ボトルウォーター代金(水そのものの代金)、配送料(送料)、サーバーのレンタル代、サーバーが必要とする電気代。ウォーターサーバーを比較する場合には、こうした費用を検証した上で業者を選択する必要があります。

 

ボトルウォーター代金

ボトルウォーターの代金としては、一般的な水準では1リットル当たり105円程度~150円程度が一般的です。RO水のケースでは他社横並びで105円(税込)としているケースが多いようです。対して天然水(ミネラルウォーター)の場合は130円~150円程度になっているようです。
たくさん水を消費する家庭の場合は水単価の安さが重要になります。

 

配送料(送料)

最後に個人的にはかなり重要な要素だと思っているのが配達・配送についてです。配送にコストはかかるのか?また、一回に注文できる本数は何本からなのか?配送は注文してから送ってくるのか、それとも定期的に配送に来るのか?飲み終わったボトルはどうするのか?などの配達・配送は各社によってかなりバラツキがあります。
送料については、無料の業者から有料の業者まで様々です。一般的なケースでは一定以上の本数を注文する場合や定期購買を利用している場合は配送料が無料になっているところが多いです。例えば2本以上の注文で無料、隔週1回の定期購入で無料など。

 

サーバーのレンタル代

サーバーのレンタル代についても無料の業者から有料の業者まであります。有料の場合で月額1,000円~1,500円程度が一般的です。無料にしている業者の場合はある程度の制約があるケースがほとんどです。
例えば、2ヶ月間に6本以上の注文といったようにある程度の注文が無い場合は有料になるといったケースが見られます。また、レンタル代は無料でも年1回のメンテナンス費用がかかるような業者もあります。
そのため、当サイトのウォーターサーバー比較ランキングでは、レンタル代とメンテナンス代を一緒に掲載して比較しやすいようにしています。

 

電気代

サーバーは基本的に電気で動いていますので当然電気代がかかります。基本的に電気代についてはどのウォーターサーバーでも一緒で800円~1,000円程度が目安のようです。

 

当サイトの人気のウォーターサーバー

アクアクララ

ウォーターサーバーにおける国内シェアNo1。大手の信頼が買いたいという方にオススメ。また、ウォーターサーバーのデザインが洗練されており、また子供向けのディズニーデザインのサーバーもあります。
お水はRO膜でろ過したお水に、ミネラル分などをプラスした健康にも優しい水となっています。1リットルあたり105円という低価格さも売りです。

>>アクアクララの詳細・評判