ウォーターサーバー比較ウォーターサーバーのお水>ミネラルウォーター・天然水とは

ミネラルウォーター・天然水とは

一般にスーパーで売られているのとほとんど同じです。○○山でとれた水のように、水道水ではない水をパックしたものです。もちろん、天然水といっても湧水をそのままボトリングするのではなく、加熱・沈殿・ろ過などは行っていますが、可能な限りシンプルな方法でおこなわれます。
天然水・ミネラルウォーターは自然の水に含まれているミネラル分が独特の味をだしています。
含まれるミネラルの量によって「硬水」や「軟水」などに分類されます。

ミネラルウォーター

まず最初にミネラルウォーターは必ずしも「ミネラル分」を多く含む水というわけではありません。また、ミネラルウォーターを多量に飲む事で、身体に必要なミネラル分がたくさん接種できるというわけでもありません。
また、硬度のところでも説明しますが、ミネラル分が多すぎる水は口当たりが悪く、飲用などには逆に不適です。


ミネラルウォーターと一般に呼ばれるものは農林水産省のガイドラインによると以下のように分類することができます。

ナチュラルミネラルウォーター
「沈殿・濾過・過熱殺菌のみを行ったもの(複数もしくは全く行わないことも可)」

ミネラルウォーター
「複数の源泉の混合やミネラル分の添加・加熱以外の殺菌を行ったもの」

一般に販売されているミネラルウォーター・天然水といわれるものは上の「ナチュラルミネラルウォーター」の事を指します。ここから分かるとおり、ミネラルウォーターというのは、「ミネラル分」が含まれている水というわけではないという点です。

硬水と軟水

ミネラルウォーターを語るときに良く出てくるのが「硬水」という言葉と「軟水」という言葉があります。これは水の硬さではなく、含まれているミネラル分の多さを示しています。
「硬水」ほど含まれているミネラル分が多く、「軟水」ほど少ないとされます。

硬水とは
硬水(こうすい)は、硬度の高い水。カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多量に含まれている水のこと。硬度が高いほど豊富にミネラルが含まれていることになりますが、硬度の高い水はそのミネラル分により味が重くなり、口当たりが悪くなります。
そのため、硬度の高い水は基本的に飲用や料理には向いていません。(ただし、「コントレックス」に代表される水のように超高硬度の硬水を便秘解消などを目的として飲用される場合はあります)

軟水とは
軟水(なんすい)とは、カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が少ない水のこと。WHOでは硬度120以下の水を軟水としています。飲んだときの口当たりがまろやかで飲用や調理に向いているとされます。

当サイトの人気のウォーターサーバー

アクアクララ

ウォーターサーバーにおける国内シェアNo1。大手の信頼が買いたいという方にオススメ。また、ウォーターサーバーのデザインが洗練されており、また子供向けのディズニーデザインのサーバーもあります。
お水はRO膜でろ過したお水に、ミネラル分などをプラスした健康にも優しい水となっています。1リットルあたり105円という低価格さも売りです。

>>アクアクララの詳細・評判