ウォーターサーバー比較>浄水器の選び方

浄水器の選び方

水について、塩素やトリハロメタンなどの成分が気になる方、また少しでも水道水の味を良くするために利用されるのが「浄水器」ですね。タダ一口に浄水器といっても、浄水器には様々な種類があったり特徴があったりします。価格帯も広いですよね。ここでは、浄水器を検討されている方向けに浄水器の選び方や特徴の比較などを行っていきます。

浄水器の種類と特徴

浄水器を比較する場合には大きく、その「形状」と「浄水方式」によって分類することができます。また、それぞれの形式や方法などによって価格帯も変わってきます。このあたりは機能と価格でどう選ぶのか?ということになってきます。

 

 

浄水器の形状と特徴

以下は浄水器の形状とその特徴です。

蛇口直結型浄水器
浄水器としては最も一般的なタイプで価格も安価であることが多いです。小さくて取り付け・取り外しも簡単です。安価で簡易的という見方もありますが、最近ではある程度高機能の蛇口取り付け方の浄水器も家電量販店等で販売されています。

据え置き型(ビルトイン型)浄水器
蛇口をホース等でつないで据え置き型の浄水器を通じて浄水します。機能面で蛇口直結型よりも優れていることが多く、また容量が大きいため浄水カートリッジなどの交換頻度も少なくてすみます。また、シンクの下に設置するようなアンダーシンク型のものもあります。

・元栓直結型浄水器
家庭の水の元栓部分に浄水器をつけるものです。そのため、特定の蛇口だけでなく、家中全ての水が浄水器を通じてろ過された水になります。その分機器代金も高額になることが多いです。

 

浄水器のろ過方式の特徴

浄水器と一口にいっても様々なろ過方式があります。ここでは浄水器のろ過方式の特徴を徹底的に比較していきます。また、最近の機種はどれか一つというわけではなく、複数の浄水を組み合わせたものが多いです。

・活性炭による浄水
活性炭を使ったシンプルな浄水方式です。活性炭が塩素やニオイなどを吸着する事で浄水します。ろ過方式としては最も単純な部類に入り、価格も安めです。問題点としては一部の特殊コーティングされたものを除きお湯を浄水することができないという点があります。

・ろ過膜による浄水
ろ過膜と呼ばれる特殊な膜を使って浄水する方式です。また、小さな穴があいたろ過膜に水を通す事で水以外の粒子の粗い物質を取り除く方式です。ろ過能力は高いですが、膜に当然物質がたまっていきますのでフィルターの交換回数は必然的に多くなります。

・逆浸透膜方式(RO方式)による浄水
逆浸透膜という水以外の分子を通さない特殊な膜を使って浄水する方法です。ほぼ純粋なH2Oを得ることができます。一方で、非常に高コストである上水の美味しさの元でもあるミネラル分まで除去するので、飲用水としてはおいしくありません。一般家庭向けではありません。

当サイトの人気のウォーターサーバー

アクアクララ

ウォーターサーバーにおける国内シェアNo1。大手の信頼が買いたいという方にオススメ。また、ウォーターサーバーのデザインが洗練されており、また子供向けのディズニーデザインのサーバーもあります。
お水はRO膜でろ過したお水に、ミネラル分などをプラスした健康にも優しい水となっています。1リットルあたり105円という低価格さも売りです。

>>アクアクララの詳細・評判