ウォーターサーバー比較>水と硬度について

水と硬度について

よく、ミネラルウォーターなどの説明書きに「硬度○○」といった表現やこのお水は軟水で(硬水で)といったような表現を良くみられるかと思います。ここでは、こうした水と硬度というものについて分かりやすく説明していきます。

水に含まれるミネラル分と硬度

水というのは、化学式で「H2O」ですが、世の中で飲まれている水は純粋なH2Oではありません。水は非常に優れた溶媒(物質をとかすもの)です。そのため、自然界のお水には様々な物質が含まれているのです。
水に何かが含まれているのが悪いというわけではありません。実際純粋なH2O(いわゆる蒸留水)は非常にまずいです。
水にはマグネシウムやカルシウムなどの様々なミネラル分が含まれています。このミネラル分の多さを「硬度」と呼び硬度が高い(ミネラルが多く含まれている)水を「硬水」、低い水を「軟水」といいます。

(正確には含まれているカルシウムとマグネシウムの含有量を目安にします。この2つの成分が水1リットルに対して何mg含まれているかが硬度となります)

硬水とは

硬水というのは硬い水と書かれるとおり、水におおくのミネラルが含まれている水です。ヨーロッパ産のミネラルウォーターには硬水が多いとされています。硬度の高い水は口当たりは悪く飲料には適しません。一方で、コーヒーなどの味をまろやかにする。また、肉などの灰汁を取るときに使うと良いとも言われます。
>>硬水とは

軟水とは

軟水とはやわらかい水と書くように、水にあまり多くのミネラルが含まれていない水です。日本のお水のほとんどはこの軟水といわれます(販売されているミネラルウォーターを含む)。過度にミネラルを含まないため、口当たりが良く飲料に適します。また、料理などにも合うというメリットがあります。一方で硬水を飲みなれた人は味が無い(特徴が無い)と感じる方も多いそうです。
>>軟水とは

当サイトの人気のウォーターサーバー

アクアクララ

ウォーターサーバーにおける国内シェアNo1。大手の信頼が買いたいという方にオススメ。また、ウォーターサーバーのデザインが洗練されており、また子供向けのディズニーデザインのサーバーもあります。
お水はRO膜でろ過したお水に、ミネラル分などをプラスした健康にも優しい水となっています。1リットルあたり105円という低価格さも売りです。

>>アクアクララの詳細・評判